ヘッドライトの照射状況の予測

1.予測手順
 家屋壁面への自動車のヘッドライトの照射状況の予測手順は以下のとおりです。
 自動車走行時におけるヘッドライトの照射予測を行うことにより、保全対象家屋壁面へのヘッドライトの照射状況と保全対策が必要となる道路区間が算出できます。また、目隠し板等の保全対策実施後のヘッドライトの照射状況も算出できます。

ヘッドライトの照射状況の予測手順

ヘッドライト照射状況の予測手順

2.予測式等
予測式の概要   予測式は、弊社で開発したヘッドライトの簡易予測モデルを用います。

 任意のルートについて、任意の台数の自動車が一定の走行速度で通過した場合における道路周辺の保全対象家屋等に対するヘッドライトの照射範囲及び最大光度の照射範囲等が算出できます。また、ホタル等の動植物に与える影響も検討可能です。

 一般的な走行状態の場合は、自動車から概ね100mまでです。
 また、AFS(配光可変型前照灯システム)には対応していません。


3.検討結果

(1) ヘッドライト 照射検討断面の設定ヘッドライト照射状況

 保全対象家屋の前面にどのように自動車の
ヘッドライトが照射されるかを検討するため
に、ヘッドライト照射検討断面を設定します。
 検討断面へのヘッドライトの照射状況はわ
ずかでも照射が生じる照射範囲及び最高光度
が生じる照射範囲等の様々なケースについて
照射時間の算出が可能です。
 

(2) 家屋へのヘッドライト照射状況

 1台の自動車が右上の図の自動車の走行区
間を左から右下へ向かってハイビームで走行
した場合について、ヘッドライト照射検討断
面に最高光度が生じる照射範囲及び照射時間
を検討しました。
 ヘッドライトの最高光度が生じる可能性の
ある照射範囲及び照射時間は右図のとおりと
なります。


(3)
ヘッドライトの保全対策の検討

 保全対象家屋に対してヘッドライトの最
高光度が生じる可能性のある自動車の走行
区間は右図のとおりとなります。
 こうした家屋への照射が生じる自動車の
走行区間とヘッドライトの照射角度から保
全対策の検討(対策が必要となる位置、必
要高さ、必要延長等)を行うことが可能と
なるため無駄の無い効率的な対策が可能と
なります。